河口湖ミューズ館 −与 勇輝 館−
トップページ
最新情報
作者紹介
作品紹介
施設案内
アーカイブ
過去の展示(2016)
過去の展示(2015)
過去の展示(2014)
過去の展示(2013)
過去の展示(2012)
過去の展示(2011)
過去の展示(2010)
過去の展示(2009)
過去の展示(2008)
過去の展示(2007)
過去の展示(2006)
過去の展示(2005)
過去の展示(2004)
アクセス方法
通信販売
周辺観光情報
割引券(Adobe Readerが必要です)
ENGLISH
公式facebookページ
展示案内

◎展示予定  
  素材が木綿の人形作品は長期間展示すると疲れてしまいます。
  年に2回(春・秋)展示替えを行い、90〜100体の展示作品以外はお休みしています。

 
                   期間              展覧会名                

 平成29年度前期展示 開催中!
2017年 3月17日(金)〜2017年 9月13日(水 与勇輝展『与勇輝の世界〜衣装〜
王子と乞食 灰かぶり
 

 
平成29年度後期展示
2017年 9月16日(土)〜2018年 3月14日(水)
 与勇輝展『耳を澄ませば
レッスン 春がきた 和枝ちゃん



◎平成29年度前期 与勇輝展  2017年3月18日(土)〜2017年9月13日(水)
 与 勇輝の世界 〜衣装〜 開催中!秋刀魚の味 嫁ぐ日

「王子と乞食」「灰かぶり」「アラビアンナイト」などの
物語の登場人物のイメージを捉えたものや、
幻想的な妖精たちのふんわりとした布、
味わいのある木綿の着物や、戦時中の子どもたちの
うっすらと汚れた服、素敵な花嫁衣装など、
人形作品がまとう「衣装」に焦点を当てた
約100体で構成いたします。


内容は一部変更する場合もございます。


併設企画展 2017年3月18日(土)〜2017年9月13日(水)  
 
岡 芳郎展』 
開催中!

額の中に納められたのは、本来なら捨てられてしまうものたちだ。
拾い上げられた廃材たちは、時を経て朽ち、錆び、綻びながら、
記憶の断片のように甦る。
耳を澄ませば、葡萄の根だけを食べる虫たちの咀嚼の音や、
改札口での馴染み深かった切符切りの音、
時の流れる音が聴こえてきそうだ。
新たに再生の時を与えられて、それらはもう一度語りだす。

岡 芳郎 OKA Yoshiro
1953年 山梨県富士吉田市生まれ
1971年 山梨県立吉田高等学校卒
1975年 広告美術技能検定金賞受賞
1979年 山梨県広告美術技能大会 知事賞受賞
1983年 山梨県広告美術技能大会 商工労働部長賞受賞
1985年 「力石塗装」マークシンボルロゴマーク本に掲載
1988年 「サインスタジオ・オカ」を起業
1998年 富士急行線 都留駅・谷村駅に時計のオブジェ制作
2003年 「富士吉田市ロゴマーク」大賞受賞
2013年 山梨県景観広告大賞、奨励賞受賞
2016年 山梨県景観広告奨励賞受賞
     金櫻神社本殿修復工事参加(模様描き)
     


◎平成28年度後期 与勇輝展  平成28年9月17日(土)〜平成29年3月15日(水)
 与 勇輝の世界 〜小物たち〜 終了お月さんいくつ

下駄やわらじ、ほうきや桶など、約30cmほどの人形作品に
合わせた小さな小物たちも与 勇輝の手づくりです。
「午後の乗客」では人形本体よりもバッグなどの小物づくりに
時間を要したほど、細部にまで心が込められています。
今展では作品に色を添える「小物」に焦点を当てた
約100体で構成いたします。


併設企画展 平成28年9月17日(土)〜平成29年3月15日(水)  
 
池田龍雄展』 
終了

戦後アヴァンギャルド(先鋭、前衛)芸術運動をきっかけに、
アンデパンダン展で活躍。
既存の価値観に捉われず、諸元への直向きな探求心をもって、
人間、生命、宇宙までも力強く描き切った作品を制作し、
近年、海外で高い評価を受けている池田氏の重厚な世界。

池田龍雄 IKEDA Tatsuo
1928年 佐賀県生まれ
1948年 多摩造型芸術専門学校(現多摩美術大学)入学
1992年 「日本の現代美術1945-1985」(東京都美術館)
2010年 「池田龍雄展-アヴァンギャルドの軌跡-」(山梨県立美術館ほか)
2012年 「-福島から広がる視点1 池田龍雄展-」(原爆の図丸木美術館)
      「TOKYO1995-1970 新しい前衛」(ニューヨーク近代美術館)


©Kawaguchiko Muse Museum. All right reserved.