河口湖ミューズ館 −与 勇輝 館−
トップページ
最新情報
作者紹介
作品紹介
施設案内
アーカイブ
過去の展示(2015)
過去の展示(2014)
過去の展示(2013)
過去の展示(2012)
過去の展示(2011)
過去の展示(2010)
過去の展示(2009)
過去の展示(2008)
過去の展示(2007)
過去の展示(2006)
過去の展示(2005)
過去の展示(2004)
アクセス方法
通信販売
周辺観光情報
割引券(Adobe Readerが必要です)
ENGLISH
公式facebookページ
過去の展示[2005]

◎平成17年度前期 2005年4月22日〜10月 5日お庭のすずめ 1998年
     与 勇輝常設展『
ひなたぼっこ  

ただ単に可愛いというだけでなく、
優しいまなざしを持ち
心和ませてくれる少女たち。
「ひなたぼっこ」と題し、
微笑ましい女の子の作品を中心に
約80体で構成。


○主な展示作品
 「小春」「ごめん下さい」「あっ!ホタル」
 「白い少女」「三面鏡」「午後の乗客」


◎併設企画展 相笠昌義作品展 2005年3月25日〜10月 5日夏冬姉弟図
  
 「日常生活」をテーマに人間を独特の色彩で
 描く相笠昌義氏の作品を展示。


 最新作『富岳望景U河口湖にて』など、
 近年制作された油彩23点。







◎平成17年度後期 10月 8日〜2006年 3月22日アンディ 1997年
  与 勇輝常設展『
わんぱく時代 

日が暮れるまで野山を駆け回る
わんぱく盛りの男の子たち。
今回の展示は「わんぱく時代」と題し、
ちょっと生意気だったり、泣き虫だったり
個性豊かで元気な男の子の作品を中心に
約80体で構成。
寄託作品の「少年」を特別出品。
パリでの個展のため、一部入れ替えました。

○主な展示作品
 「椿峠の合戦」「闘シリーズ」「お寝しょ」
 「アンディ」「ちゃんのおつかい」


◎併設企画展 小作青史作品展  10月 8日〜2006年 3月22日
 リトグラフの技法をより表現豊かなものに高めることを目標に
 制作活動を係留される翼 1995年続ける一方、理想の素材として銅に注目し
 「銅箔キャンバス」を復興させた小作氏。
 銅箔キャンバスを用いた幻想的な油彩21点を展示。
 

◇小作青史(おざくせいし)プロフィール◇
1934年 東京生まれ
1962年 東京芸術大学油絵科卒業
1966〜85年 大阪フォルム画廊東京店で個展
1968年 クラコウ国際版画ビエンナーレ展で受賞
1970年 多摩美術大学絵画科油画専攻に勤務
1974年 フィレンツェ国際版画ビエンナーレ展で受賞
1979〜80年 文化庁芸術家在外研修員として
        フランス・ドイツに留学
1983年 第23回安井賞展
1997年 多摩美術大学絵画科版画専攻学科長
1999年 秀作美術展(読売新聞社)
日本美術家連盟理事、日本版画協会会員

©Kawaguchiko Muse Museum. All right reserved.