河口湖ミューズ館 −与 勇輝 館−
トップページ
最新情報
作者紹介
与 勇輝 略歴
つくるのが大好き
人形は自分の分身
自分の力で立つ・笑顔
布のこだわり
作品紹介
施設案内
アーカイブ
アクセス方法
通信販売
周辺観光情報
割引券(Adobe Readerが必要です)
ENGLISH
公式facebookページ
作者紹介
自分の力で立つ
ごめんください  重りもないのになぜ人形は立っているのでしょう?
 作者は「人間が立っている理屈と同じ」と答えます。
 「特殊な体型やポーズは別として、デッサンをしっかりとして丈夫につくれば、
 力学的にも人間と同じように立つ」と。
 デッサンと言っても実際にスケッチをするわけではありません。
 作者のデッサンは頭の中。いつも無意識にアンテナを張り巡らせ、
 動いている子どもの一瞬の表情、仕草を素早く頭の中でスケッチし、
 インプットしています。
 そのため、つくりたい人形のイメージが浮かんだらなるべく早くそれを形にしなければならず、
 立体に表現する技術をいつも磨いていなければならないそうです。

 作者にとって「立たないということは、人形として生きていない」のです。

※人形の主な素材
  針金、木綿布、木毛、張り子紙、絹糸


笑顔
ふたり  自然に動物的につくることを心がけている作者の作品には、にっこりとした笑顔がありません。
笑う顔は一瞬の表情。「ずっと笑わせておくと疲れてしまうだろうし、無理に笑わせても媚を売っているようで好ましくない」との考えから、
『ふたり』のような微笑み程度になっています。

 それでも多くの方の感想に表情の豊かさが挙げられているのは、
ほんのわずかな表情や身体の動きに、
内面的なものを追求しているからなのではないでしょうか。

©Kawaguchiko Muse Museum. All right reserved.